家づくり

お客様と一緒に夢を家たちにするリフォーム

柴田建設は、ゼロエネルギーハウス住宅、「ジョイ・コス」をおすすめしています。
「ジョイ・コス住宅システム」は「高断熱」「高気密」「24時間換気システム」により、省エネルギー性と、家族の健康を守る快適な空気環境を実現する、地球と人に優しい住宅システムです。
私たちの暮らす地球環境は、温暖化や資源不足など様々な問題を抱えています。これからの時代「エネルギーを少なく活用する」ということがとても重要になります。
また「ジョイ・コス」で建てた家は、建築物省エネルギー性能表示制度BELSに、最高ランク5つ星の評価を受けています。

高断熱、高気密、換気システムで、省エネルギーに

施工費を抑えるか、省エネ住宅でランニングコストを抑えるか
使用できる補助金も含めてご提案

高気密、高断熱、24時間換気システムを搭載するとなると、当然施工費はその分上がります。
ただし、省エネルギーなので日々の電気代、ガス代などランニングコストが安くなります。オール電化住宅の場合ですと、月平均で坪300円~500 円が電気代の目安になります。例えば40坪の住宅の場合、40坪×(300円~500 円)=12,000円~20,000 円が月平均の電気代ということです。年間になおせば(12,000円~20,000円)×12ヶ月=144,000円~ 240,000円となります。(※建設地や家族数、生活スタイルによって多少上下します。)
また使用できる補助金も柴田建設がご提案いたします。家を建てる際、またはリフォームをお考えの際、柴田建設にご相談ください。

上記のグラフは実際に当地域で当社が施工したJoy・kos住宅と在来工法の同規模の住宅の電気代に施工費を足して、住宅ローン35年の支払期間で比較したグラフです。両物件とも2世帯(2家族)がお住まいのため金額の規模が大きいですが、その分高性能住宅のランニングコストへの影響が大きくJoy・kos住宅と在来工法の差が顕著に出ています。